FC2ブログ

Excelお手軽イラストのススメ

ExcelやWordのオートシェイプでイラストを描いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

八十の段:フリーフォームの裏ワザ(一)

このブログでは、オートシェイプの図形を組み合わせることでいろいろな絵を描いています。
ですが図形のバリエーションには限りがあるので、気に入った絵が描けない、と不満を持つかたも多いと思います。

フリーハンドで自由自在に絵を描けるようなら、そのような不満は解消できるのかもしれませんが・・・。
実際には、マウスを動かして絵を描くのはむずかしいと思います。

かくいう私自身、マウスで絵を描くのはにがてだったりします。
フリーハンドを一切使わず、図形の組み合わせにこだわるのはそのためです。

しかし、オートシェイプには「線:フリーフォーム」という機能があります。

「線:フリーハンド」に似ていますが、直線を引くための機能で、「基本図形」にはない図形を自由に描けるので、けっこう気に入っています。
(下図A参照)

また、この「フリーフォーム」、使い方によっては複雑そうな図形を描くことも出来ます。
(下図B参照)
20110305_01.png

今回は意外に気付いている人は少ない?裏ワザめいた手法を紹介していきます。
1.マウス左ボタンの使い方
まず、「フリーハンド」と「フリーフォーム」のちがいから見てみましょう。

「フリーハンド」の場合、マウス左ボタンを押したままカーソルを動かすことで線を引いていきます。
ちなみにマウス左ボタンを押しているときのカーソルは、エンピツのような絵で表示されています。
最後にカーソルを始点に合わせ、マウス左ボタンから指を離すことで図形の完成です。
20110305_02.png 

完成した図形を選択してマウス右クリックし、「頂点の編集」を選択してみましょう。

表示された「頂点」を動かすことで後からかたちをととのえることができます。
「フリーハンド」の場合、頂点(黒い四角)そのものをドラッグして修正する方法と、
頂点をクリックした時に表示される白い四角をドラッグして修正する方法があるようです。
20110305_03.png

「フリーフォーム」の場合、マウス左ボタンを押して始点を指定し、いちどマウス左ボタンから指をはなしてカーソルを移動、次に左ボタンを押した点までの間に線が引かれるようになっています。

また、Shiftキーを押しながらカーソルを動かすと45度単位で角度のついた直線を引くことが出来ます。
水平線や、直角な線を引きたいときに便利です。
(※ただしExcel2007で試したところ、Shiftキーは有効になりませんでした。
 バージョンによって差異があるようです)
20110305_04.png

最後に始点にカーソルを合わせてマウス左クリック、完成です。
20110305_05.png

ではここからひとつめの「裏ワザ」の紹介になります。
先ほどと同様、直線を引いていきます。(下図左参照)

次にマウス左ボタンを押しながら線を引きましょう。
このとき、カーソルがエンピツの絵に変わっているのが分かるかと思います。
ちょうど「フリーハンド」と同じ要領で線が引けるようです。(下図右参照)
20110305_06.png

かたちが気にいらない場合は、先ほどと同様、図形を選択してマウス右クリック、「頂点の編集」を選択します。(下図左参照)
表示された「頂点」を動かすことで後からかたちをととのえることができます。(下図右参照)
20110305_07.png

メカニックの絵を描くときなど、直線の合間に曲線も取り入れたい、という場合に使えるかと思います。
下図では、図形をさらにこまかく変形させて、翼にみたてています。
20110305_08r.png

これが「フリーフォーム」の裏ワザのひとつですが、これでもフリーハンドで線を引くのはむずかしい、とおっしゃるかたも多いと思います。
かくいう私自身、上の「翼」を描くまで何回も失敗しては描き直しを繰り返しています。

そこで次は、もっと手軽に曲線を表現する方法を紹介しましょう。

2.「線分を曲げる」
さきほど「フリーハンド」の機能を活かして描いた部分を、今度は「フリーフォーム」の機能のまま描いてみました。
拡大すると、直線だけで構成しているのがわかると思います。
20110306_01.png

それでは、図形を選択してマウス右クリック、「頂点の編集」を選択しましょう。
20110306_02.png

1・カーソルをどれかてきとうな線分のひとつに合わせてください。
2・マウス右クリックして、3・「線分を曲げる」を選択しましょう。
20110306_03.png

線分が曲がります。
20110306_04.png

他の線分もひとつずつ選択してマウス右クリック、「線分を曲げる」を選択しましょう。
20110306_05.png

なめらかな線に変わったのがわかると思います。
ただ、まれに予期せぬかたちに変わることがあります。(下図右上のでっぱりのように)
このような場合はA・「元に戻す」を選択するか、
B・線分を選択してマウス右クリック、「線分を伸ばす」を選択して元に戻すと良いでしょう。
20110306_06.png

この「線分を曲げる」、メカ以外にも応用が効くと思います。
顔の輪郭を表現することも出来ます。
色を「ベージュ」系にすると、よりそれっぽく見えるでしょう。(下図上半分参照)

また、やはり「フリーフォーム」で平行四辺形を描いて、「図形を編集」、「線分を曲げる」を利用して筆者の好きな「猫っぽい眼」なども表現できます。
下図では「コピー」「貼り付け」して数をふやし、「左右反転」して顔の上に移動させています。
20110306_07.png

ただ、「フリーフォーム」で描いた図形は、塗りつぶすと予期せぬ結果になる場合があります。(下図右参照)
20110306_09.png
複雑な形状を描く場合は、とくに注意しましょう。

次回は、もうひとつ「フリーフォーム」の裏ワザを紹介します。
スポンサーサイト

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/05/29(日) 00:24:29|
  2. イラスト作成手順

プロフィール

足軽手軽(あしがるてがる)

Author:足軽手軽(あしがるてがる)
こんにちは!「足軽」と呼んでください。
今までにExcelの図形描画ツールで描いたイラストや「手軽に」「見栄えのよくなる」コツを紹介したいと思います。

※本ブログの手順を参考にしてご自分でお絵描きされるのは自由です。その他、本ブログの利用法はカテゴリ「ブログ利用規則」をご覧下さい。

※管理人が不適当と判断したコメントは予告なく削除する場合があります。

※本ブログで紹介している音楽、映画、本その他はすべて筆者の主観に基づいております。そのため万人に気に入っていただけると限らないことをあらかじめご了承ねがいます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
イラスト紹介 (39)
イラスト作成手順 (54)
補足 (2)
お知らせ (6)
ブログ利用規則 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。